最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★スペルマスター
販売開始しました!:Ver1.0
・スペルマスター登録情報

★パツィーノの幸せの鳥
パッチ1.0.2
・パツィーノの幸せの鳥登録情報

★ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~:Ver1.2.0

・ミナーヴァ登録情報

★スーサイダー
予告中です!体験版準備中です!
・スーサイダー仮設ページ公開

★キャッスルえびる
開発中です!進捗50%(体験版範囲:90%)
・キャッスルえびる仮設ページ公開

------------------------------------------------------------
★更新情報(2017/4/25)
更新:パツィーノ登録情報
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2017年9月3日日曜日

敗北Hは矛盾なのか?(RPG)

前ちょろっと書いたけど、単体で書いてないので分からなくなった。

ので改めてまとめる。

今もちょくちょく話題に上がってきて気になったので。

■課題

  • 敗北でHなのはどうなのという意見は昔からある。
  • しかし頑張って戦って負けてぬっぷはロールプレイとしてタダシイのでは、という意見もある。


この二つの意見、一見して矛盾しているが、「言いたいこと」に着目するとそもそも話題としているテーマが違う。

そこら辺を分解して整理したい。


鍵は「腰を据えているかどうか」と「どうしたいのかを明確にする」辺り。



■前提

RPGの話。

ACTも似てるけど、バランスや「負ける難易度」(後述)も低いのでRPGよりは問題となりづらい。
(放置すればいいし)

前にちょくちょく書いてたのは「エロリョナペナルティがプレイ性と逆行する問題」についてであり、今回の話とはちょっと違う
(敗北Hの問題は、関連として軽く書いてた)

とりあえず🦐の考えと言うことで、意見はあると思う。

しかしその背後にある欲求を見ると、自分がゲームプレイする時に感じてることからは、そんなに離れていないと思う。

ガチ勢は気にしないと思うが、カジュアル(エンジョイ/片手間)勢が陥る不満と言ったところ。

■概要と結論

「敗北Hがゲーム性と矛盾している」という主張は実はされてない(ここ重要)

字面こそ「敗北Hでエロはおかしい」だが、敗北=エロを否定しているコメントというのは無い
(これはもう断言で良いのでは)

じゃあ何があるかというと、背後に

  1. 序盤の雑魚のエロをまた見たい
  2. 巻き戻りが面倒

という欲求が透けて見える。

実はプレイヤー側も別に負けてHなのは良くて、気になってるのは
  1. 「雑魚Hを見るための利便性がワルイ」
  2. 「死んでセーブからやり直すのが億劫」
というところ。

これを具体的に言うのが難しい/面倒なので敗北Hに不満という形になる(と見ている)

 

■全力を出して負ける→OK

既に言われているが、ロールプレイなので
「頑張って戦って、負けてぬぷられる」
というのは別におかしくはない。

一般ゲームなら暗転で終わる部分が、しっかり描かれる。
今まで頑張った分のカタルシスもある。


じゃあなにが不満というと、ポイントは発生条件巻き戻りにある。

■発生条件(前線と序盤)

ゲームは大きく分けて前線と序盤部分に分けられる。

既に踏破し、雑魚を一撃で葬れる序盤エリアは、もはや通る価値も少なくなる。
(経験値もお金も低い。レアドロップくらい)

じゃあそのエリアのHイベントはどうやって見るのか?
となる。(次の節で述べる。)


一方、そのセーブの最前線エリアはやるかやられるかの状態が続く激戦区である。

精一杯戦って、勝ったり負けたりのエリアなら、負けてHで何もおかしくはない。


○負ける作業と負ける難易度

では序盤で負けイベを見るにはどうするか
「わざと負ける」
しかない。

🦐なら「即死装備」なりいれるし、降参コマンドを入れてるゲームも多い。

しかし全部がそうではないので、じりじり防御で削ってもらったりするしかない。

その作業が割りと面倒という話(だろう)


ちなみにACTは敵の居る場所に放置すれば済む。
レベル概念があると大変なのは同じだが。


ちなみに「ギャラリーモード」でいいのでは、と言う話は没入感の問題から別モノとする。
ゲームの繋がりでやられたいという話。

■巻き戻り

ACTは一回の巻き戻りが小さいコトが多く、死んでもすぐにリカバリーが出来る。
(ゲームにもよるが、経験値概念のRPGに比べてといったところ。)

RPGの場合、ゲームオーバーから継続しない場合、
  • 経験値
  • ドロップアイテム(レア)
  • イベントフラグ
これらがまとめて戻される。

自然と、CGを回収しつつクリアするには「一回負けてCGを見て、次は勝つ」という流れになる。
まあ、ぶっちゃけそれでいいのだが、2周とかしたくない人は面倒と思うといったところか。

作品が多い、時間が無いなどの理由で1回で全て回収したい場合もあると思われる。
腰を据えてCGをコンプしたい人もいるだろうし、そうじゃ無い人もいる。

(腰を据えるかどうかは好みによるため、どういうのならOKと言う話ではない。)


RPGはその性質上非可逆なので、取り漏らしイベントは最初からプレイし直さないといけない。
それが面倒…といったところか。


解決方法としては
  • セーブのとりわけを簡単にする
  • イベントやボス前に必ずセーブを置く
  • 直前のセーブやシーン再生を可能にする
といった「イライラ減少」系の対処が有効化か。
ただ、いずれにしても「没入感が欠ける」問題がある。

一番良いのは「ワクワク増加」系対処、たとえば
  • 「物語の延長として両方を一度に体験させる」
などだろうか?

もちろん理想は「何周もプレイしたくなるゲーム」であること…。可能ならね。

■まとめ

最初の結論で述べたとおり、要するに面倒なのはいやというポイントを抑えておきたい。

繰り返すが、敗北Hがオカシイのではなく、「わざわざする作業の多い敗北Hシステム」に不満があると言った話であった。

そしてこれは「腰を据えてプレイする人」には響かない内容であるため、余計に議論になりやすい。
前提が違うのだから、終着点が見えづらいのは当然。


🦐はそういう「気軽につまみ食いたい」気持ちもワカルが、それを対処するかどうかは作者に委ねたい。
(ただ、ボス前セーブとかの巻き戻り防止は欲しいナ…!)

問題としては、「イライラ対処」系は別にワクワクを増やすわけじゃないので、そのメリットが地味になりやすいといったところ。

「プレイサポートシステム搭載!」と言われて興味を引くかというと、同業者は気になるかも知れないが…


○本音と建て前


なんで本音と言ってることが違うように見えるか。
正直分からない。別に言って恥ずかしい話じゃないし。

ただ、自分の欲求が原因と言うより、それっぽい理由の方が通りが良いというのはありそう。

恐らく「序盤の雑魚H見たい」「1回でCGもクリアもしたい」という話も出てるが、ただの我が儘みたいな扱いになって見えてないだけかも知れない。

「敗北Hは矛盾してる」というのは実際問題提起っぽいし、言われた方も「おぼろげに」上記不満をプレイヤー視点で自覚しているので、共感する人も居る。

なので「敗北H自体は問題無い」ということに気づきづらい。


おおざっぱにまとめてしまえば、プレイヤーが言いたいのは
  1. 「序盤雑魚とのHをいつでも見たい。」
  2. 「1回のプレイで『ロールプレイH』も『かっこよくクリア』も行いたい(両方見たい)」
である。
(違うなら具体的に書くべき)

ぶっちゃけ2が矛盾していると言える。どうすんねん

方法としては
  • 一発で倒した場合、夢でHシーンを見る(if)
  • 倒した時点でギャラリーに追加(これはよくある)
といったところか。
ここで重要なのは「没入感を損なわないこと」だろうか。
ツールみたいで良ければいくらでも方法はある。

■おわりに

ゲームへの不満は欲求によるところが大きい。

そして不満は我が儘なものより「それっぽい」表現ほど目にとまりやすい。
→そのため、意図とずれた表現となることもある。


『自分が「何の気なしに」プレイするゲームに対する不満点』という視点で見ると、その不満が結構分かると思う。

自分が興味深いゲームは何時間もプレイするし何してきたって面白いので、「良いところ」を探すだけで良いと思う。


この問題を解決する上で、それを親切にするのが正解とは限らない。

ワクワク度を上げる方向へ持って行く(物語に組み込む)のがスマートと言えるだろう。

「イライラ」については言えるが、「こうすればワクワクする」というコメントは実質不可能なので、なかなか考えづらい。
(もうほとんど企画的な話になるため。)


そしてどうやるのが上手い方法かは作品によるので難しいネ、と言う話。


以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿