最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★パツィーノの幸せの鳥:完成しました!
パッチ1.0.1
・パツィーノの幸せの鳥登録情報

★ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~:Ver1.2.0

・ミナーヴァ登録情報

★スーサイダー
予告中です!体験版準備中です!
・スーサイダー仮設ページ公開

★キャッスルえびる
開発中です!進捗50%(体験版範囲:90%)
・キャッスルえびる仮設ページ公開

------------------------------------------------------------
★更新情報(2017/4/25)
更新:パツィーノ登録情報
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Skyrim トラブルシューティング(CTD/FPS低下対策/動作不良)

■はじめに

メモリ機能改善MODによりかなりCTDが減ったが、重くなったり競合が起こったりはどうしても避けられない。
一発で原因を探るのは不可能に近いので、分かっているところから徐々に攻めていく方法を記録する。

解決策を下線で表示。

■注意点/前提情報

・MODの構成やハードウェア/ソフトウェア/OS環境により、状況は変わってくる。
 ここで述べるのはあくまで確認の仕方なので、そういった不確定要素は排除して説明している。

・やったことのあるものを気ままに追加するので、他のサイトにもっと正確に分かりやすく載ってる可能性も高い。

・筆者は内容について責任を取りません。
 間違ってる場合もあるかもしれないので、その際は一報貰えればと思います。

・用語
 MO=Mod Organizer
 NMM=Nuxus Mod Manager
 SKSE=Skyrim Script Extender
 PC=Player Character
 NPC=Non-Player Character

■よくやる確認手順

基本
・ソートやFNIS Tools for Userを実行

情報
・DLしたページに情報が無いか確認

ロールバック
・最近入れたMODを外してみる
・少し前のセーブをロードしてみる

調査
・MO/TES5Editで競合を調査

最新化
・各MODや関係のありそうなMODが古くないか確認。

 

■プレイ中にCTDする

一口にCTDといっても原因は様々なので、確認すべきポイントを列挙。

メモリ不足

物理メモリが不足
筆者環境でも2GB行かないくらいだが、公式が既に4GB対応しているので、物理メモリ8GBは欲しいところ。


一次、二次確保メモリの不足
Skyrimにはメインの動作用メモリの他に、一次確保、二次確保のメモリ使用がある。(ザックリ説明)
特に一次確保メモリが一杯になるとCTDが起こりやすいという問題があった。

重いテクスチャやモデルMODを入れると落ちやすくなるのはこれが原因。
sheson氏が発見&作成した もので、現在はSKSE1.7以降で導入可能
SKSE1.7以降を導入

data/SKSE.iniを用意して、下記を書く必要アリ。
[Memory]
DefaultHeapInitialAllocMB=512
ScrapHeapSizeMB=256
上記はバニラ設定なので、DefaultHealInitialAllocMBを増やす。
[Memory]
DefaultHeapInitialAllocMB=768
ScrapHeapSizeMB=256
ちなみに増やしすぎると逆に落ちやすくなるので、試しながら設定するべし。
ScrapHeapSizeMBは別に増やさなくても良い。
実感としては1024と512くらいがせいぜいで、安定してるなら上記の用に768と256で良いと思う。

256,512,768,1024など、2の倍数であること。

HDDアクセス過多

セーブやロードなどのディスクアクセスが多いとCTDの可能性が上がる。
仮想メモリの動作抑制
 残り物理メモリが1GB切るとかなりやばい

オートセーブと被らないようにする
 外出る前にセーブして外出ると、オートセーブと被って落ちることがある。
 オートセーブを切ってしまうか、セーブ後待ってから外出るか。

HDDアクセス中に無理に動かない
 移動して隣のセルに入ったりすると、さらにスクリプトやらでロードが発生することがある。

スクリプト過多

処理するスクリプトが多すぎる場合に発生。
→走ってそういったエリアに突っ込むと出やすいので、ゆっくり歩きつつ入るといくらかマシになる(ことも)

NPCが多すぎるのかも。

NPCを増やすMOD

PCスペックにもよるが、NPCを追加する系統のMODは遭遇時にスクリプトが大量に走ることでフリーズしやすくなる(CTDよりフリーズの方が多いが。)

スクリプト過多とも関係ありそう。

・War系の大量衛兵追加MOD
・Population系の一部
・勢力追加系(Gangs of Skyrim/Brotherhood of なんたら系)の一部

これも大丈夫なものややばいものなど様々なので、大丈夫なセーブで試してみるのが早い。

問題のあるMODを外す

干渉/競合

特にセルを弄るタイプのMOD、つまりオブジェクトや家、場所を変更追加するMODに多い。
例:BreezeHomeを変更するMODを複数入れたとき

MOD情報を見たり、場所が同じかどうか確認したりするしかない。
外してみたり競合を確認したり

MODを入れた/外した

MODを入れ替えた後、そのMODが干渉/追加していた要素が消えてると落ちる可能性がある。
→外しても動作する少し前のセーブから始める。



■起動しない

これは原因はほぼ一つで、「MODが参照しているESM/ESPが存在しない」ことがほとんど。

MOならマークが出て分かりやすい。「競合が発生している」参照。

TES5Editも、ロードに失敗すればわかるが、原因がどれか分かりづらいので、MOでやるのが早い。

■ロードが終わらない

SKSE1.7のメモリ修正導入で改善されたが、起こるときは起こる。

一旦屋内セーブなど、ロードできるものをロードして、最新をロードし直す
 外など、開けた場所のセーブはロードが終わらない可能性がある。
 タスクマネージャを開いてCPU使用率が1%以下で、HDDがごりごり言ってなかったら一旦落とす。


■競合が発生している

競合にも種類がある。
・データファイルの上書き→MO
  一番良く起こる問題。
  テクスチャやメッシュの置き換えによる不都合が発生。

・機能の上書き→TES5Edit
   MODは大部分が元の設定を弄るものなので、同じ箇所を弄るMODが共存すると動作がおかしくなる。
  特にNPC/Follower/Housecarlを置き換えたりするMODに多い。

・複合的な競合
   上記の複合

NMMには基本的に競合を修正する機能は無い。
というより、そのままぶちまけているので修正のしようがない(一旦アンインストールして適切な順番でインストールする必要がある。)
MOなら順番入れ替えも容易。

MOやTES5Editを駆使して修正していくほか無さそう。

MOを使った修正


MOはかなり強力な競合修正機能があるので、是非活用すべき。

・競合MODの確認
 左のリストに、雷マークがある場合、ファイルが上書きされている。
「+」:このMODが、他のMODのファイルを上書きしている。
 「-」:このMODが、他のMODに上書きされている。

上書きで問題が起こるのは大抵ここら辺り
 ・NPC置き換え系
 ・UFOなどのフォロワーMOD
 ・美人化など、テクスチャ変更MOD
 ・Unofficial Patchによってバニラ帰りしているもの



・LOOTによるソート
 最新版ではLOOT(元BOSS)を取り込んだようで、Sortボタン一発で修正可能。
最近はまた名前が「BOSS」になってバージョン番号もリセット(!?)されたので、そのうち取り込まれるかも知れない。


・MOによる自動解決
 何かしら問題があると、画像のようなアイコンに数字(下地が黄色の黒文字)が出るので、クリックして解決を試みる。
Sortでも解決出来なかった物。
 クリティカルな問題でない可能性も高い。


・参照有無の確認
 右のリストに画像のようなアイコンが出ている場合、参照ESM/ESPが存在していないことになる。
  このままだとSkyrim起動時に落ちるので、参照MODを有効にするか、参照している方のMOD(画像だとPatch)自体を無効にするしかない。

TES5Editを使った修正

TES5Edit
・TES5Editを起動
・(チェックはそのままで)「OK」ボタンクリック
・しばらく待つ
・読み込み失敗するのは参照ESM/ESPが存在しない場合なので、MOを使ったりして修正。
・適当なところで右クリック
・Apply Filter for Cleaningを選択
・しばらく待つ
・調べたいMODをクリックして、赤くなっている箇所を調べる。
TES5Edit:右パネルのカラム位置に出ているMODが、競合しているMOD
上記画像の物は実は特に問題になっていない。
問題があるかどうかは外してみたりしないと分からないので、結局試行錯誤するしかない。

ただし、ほとんど同じような機能のMODや、NPC置き換えMOD、Follower関連MODは干渉しやすいので、調べる価値はある。


※MO環境でTES5Editを使う場合、ランチャーとしてMOに登録する必要あり。
・Skyrim直下にTES5Editフォルダを置く
・MOで下記を設定
 ・ワークディレクトリをTES5Editフォルダにする
 ・実行アプリをTES5Edit.exeに。
  特にこれ以外は設定しなくても、ちゃんとMOのMODを読んでくれる。



■重い

・グラフィック設定が高い

MODを入れるなら、ある程度の劣化はやむなし
低くする
 アンチエイリアスやFXAAとかも切る。

・NPCを追加している

NPC追加MODは、量が多くなるほどスクリプトと共に処理が重くなる。
 スタンダードフォロワー系も結構重い。
外す
 自分でMOD弄れるなら、居る場所を分散させるというのも手。

・光源系MOD

光源や影などを弄るMODは、想像以上に負荷が高い。
光源MODが主原因で、かつどうしても改善しない場合は泣く泣く外す。


■キャラクターが手を横に降ろしているポーズで固まっている


該当ポーズは3D界では「T-Pose」と呼ばれるもので、メッシュのデフォルトポーズである。
つまりアニメーション(モーション)が正しく動作していないので、FNISのfor Userのツールを実行する必要がある。

※MOの場合はランチャーに登録する必要あり。
・windows\system32\cmd.exeを実行ファイルに指定。
・ベースディレクトリはFNISツールの位置
・実行時パラメータに下記を設定
/C "D:\Program Files (x86)\Mod Organizer\mods\FNIS Behavior V5_1_1 -- ALWAYS necessary-11811-5-1-1\tools\GenerateFNIS_for_Users\GenerateFNISforUsers.exe"

■SexLab関連

不明な事の方が多い。

・「Hello」から始まるモーション後、操作出来なくなった。
 →不明。最新のMODにしたり入れ替えたりしていたら、いつの間にか動けるようになった。

・モーションが始まらない
 →SexLabが正しくインストール/アップデートできていない。入れ直すなりする。

・SD+&Alternate Death導入時、死亡後に倒れたままゆっくり歩くモーションになり操作不能
 →古い。最新版を入れる。

・モーション後すごい吹っ飛んだ
 →仕様

・Prison Overhaulについて警告が出た。
 →不明。SexLabFW側に実害無し。





0 件のコメント:

コメントを投稿