最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★スペルマスター
販売開始しました!:Ver1.0
・スペルマスター登録情報

★パツィーノの幸せの鳥
パッチ1.0.2
・パツィーノの幸せの鳥登録情報

★ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~:Ver1.2.0

・ミナーヴァ登録情報

★スーサイダー
予告中です!体験版準備中です!
・スーサイダー仮設ページ公開

★キャッスルえびる
開発中です!進捗50%(体験版範囲:90%)
・キャッスルえびる仮設ページ公開

------------------------------------------------------------
★更新情報(2017/4/25)
更新:パツィーノ登録情報
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2017年7月16日日曜日

製作ツール最新情報2017.7

ということで、見聞きしたものの感触を並べる
詳細はちゃんと調べた方が良いです

■どれを選ぶか

・3Dを使いたい

→Unity/UE

Unityはバージョンアップが激しいが、作成しているプロジェクトについては現状Verで作り上げるのが良いと思う(途中で変えると仕様変更に苦しむ)

画面/UIデザインや配置、位置決めも全部自分で決める必要あり

・自由度高いものがいい

→Unity/C++(Siv3D)
自由度高い=全部自分で組む+工数増大
には気を付けるべし

・簡単に作りたい!

段階的なものがあるので、一覧で。
この表自体は昔から変わらず。

↑簡単&制限
アクションエディター、Tonyu:一番簡単ではある。
CF2.5:スクリプトが独自色強し。データファイルが1つなので2GB制限にひっかかる(32bit)
 (日本語による解説やフォーラムはそんなになさそう)
GameMakerStudio:これもGMSが独自言語だが、見たところまだC++/BASICとかに近い。
 サンドボックスという仕組み(外部ファイル読み書きに制限がある)がマズイもよう。2は知らない。

Unity,UE4:楽だがツールの仕様やバグに振り回されることも…
C++/Siv3D
C++/DXLib:簡易さでSiv3Dに負ける
↓自由度&難しい

ちなみにアクツクはアプデが無くてアレなので除外
FPSメーカーみたいなのもあったが、DOOMっぽいの作るならむしろUnityとかのがいいやってなった。


「簡単なもので自由度の高い作成をする」
「自由度の高いもので簡単に作る」
いずれもキツイので、それなりにお覚悟を。(不可能ではない)

■Unity2017β2

これとか

・Timeline

要するにビデオ編集のタイムラインみたいなもの
カメラアングルや各種要素の移動ONOFFなどを時系列に管理できる。
これでアダムみたいなスゴイ映像が…(理論上は)作れるね!

・Sprite関連

幾つか強化されてるっぽい。
β2ではタイルエディタも出たとか。

■Siv3D

機能増強+プラットフォーム対応が進んでいる。
Unix(Mac)ネイティブ対応は結構すごいと思う。

最近はビジュアルプログラミングアプリみたいなものも作ってる模様(学習用)

■DXLib

アンドロイド対応とか?

■SMILE GAME BUILDER

3DRPGツクールみたいな。
現状かなり簡単なRPGならかなり簡単に作成出来る。(買ってみた)
エロリョナするならCGくらいかな。

理論上モーション表現も可能かも知れないが(二人で一つのモデルデータにして、モーションを用意)…むずそう。

■その他

・GameMakerStudio2
アニメーション確認しながらドット絵弄れる機能とか面白かった
(似たようなのはEDGEもできるが、グラデなど幾つか強化面ある)

あと規約が1と微妙に変わったので期待したい。
特にエロも全部だめだった1(←厳密には「公式がおとがめしなかったらOK」みたいな状況だった。あとグロは素通りだった)と比べて、特に指摘されないようになった。
(公序良俗違反系はもちろん引き続きNG)

もちろん各国の法律には従うものとする。

・CF2.5
3は?
 


0 件のコメント:

コメントを投稿